ストレスチェック義務化とメンタルヘルス対策
ホーム > ストレスチェック義務化とメンタルヘルス対策

ストレスチェック義務化とメンタルヘルス対策

ストレスチェック制度の仕組みとメンタルヘルス対策は、豊富な実績を持つまつした社労士事務所までご相談下さい!!

ストレスチェック制度がいよいよ施行されます。 企業様は、現段階では具体的にどのように対応したらよいか、お悩みの時期かと思います。
平成27年12月の施行に向けて、各事業場がどのようなタイムスケジュールで対応すればいいか、簡単にご案内いたします。

第1段階・・・・
事業者による方針の表明 (ストレスチェック開始に向けての方針表明です)         
                                             

第2段階・・・・
衛生委員会での調査・審議(ストレスチェック実施に向けて、衛生委員会で話し合いを実施します)

①目的の周知方法  
②実施体制(実施者等の明示)  
③実施方法   
④情報の取り扱い
⑤ストレスチェック結果の保存方法   
⑥ストレスチェック結果等の利用目的・利用方法
⑦情報の取り扱いに関する苦情処理  
⑧不利益な取り扱いの防止

 ※実施体制が一番の課題ではないでしょうか。一般定期健診と同時に行うのか、別に行うのか。
産業医が主体と なるのか、健診機関と産業医が共同で行うのか・・・・ 健診機関の場合の費用の問題は?  
 ※就業規則の見直しも必要になってくるかと思います。

                                              
第3段階・・・
労働者に説明・情報提供(労働者に対して、どのようにストレスチェックを行うかの説明等を行います)

                                               ↓   
第4段階・・・・医師・保健師等によるストレスチェックの実施
※一般の定期健康診断と同時に実施も可能だが結果の取り扱いに違いがあるので注意が必要
※産業医がストレスチェックの実施者となることが望ましい(産業医でなければならないという訳ではない

                                               ↓ 
第5段階・・・・
実施者がストレスチェックの結果を労働者に直接通知

                                               ↓ 
第6段階・・・・
労働者は結果を受けて、自身のセルフケアを行う 場合により相談窓口など利用
実施者は結果の事業者への通知に同意の有無を確認  同意があった場合は結果を事業者へ通知
                                ストレスチェックの結果が出る前に、前もって同意の有無を確認することはできません

                                                 ↓
第7段階・・・

①実施者は、高ストレス者については面接指導の申し出の勧奨
 ※面接指導の申し出はあくまでも労働者が行いますが、実施者は高ストレス者については、面接指導を申し出る ように勧奨をすることと なります。  

                                                 ↓ 
第8段階・・・・

労働者から事業者へ面接指導の申出 ※事業者は労働者から面接指導の申出があったからと言って不利益な取り扱いをしてはいけま せん

                                                  ↓
第9段階・・・・
事業者面接から医師へ面接指導の実施の依頼


                                                  ↓
第10段階・・・・

医師による面接指導の実施 →  必要に応じて専門医・相談機関の紹介

                                                  ↓
第11段階・・・・

医師からの意見聴取 ※時間外労働の制限や作業の転換の必要性など

                                                  ↓
第12段階・・・・

必要に応じ就業上の措置の実施 ・労働者の実情を考慮し、就業場所の変更、作業の転換、労働時間の短縮、深夜業の回数の減少等の措置を行う ・面接指導の結果を理由に不利益な取り扱いを禁止

                                                   ↓
第13段階・・・・

ストレスチェックと面接指導の実施状況の点検・確認と改善事項の検討

 努力義務として・・・・
実施者はストレスチェックの結果を職場ごとに集団分析し、集団分析結果を事業者へ提供
                                                                   ⇓
②職場環境改善のために活用 また、国は第12次労働災害防止計画にて、「平成29年までにメンタルヘルスケアに取り組んでいる事業場の割合を80%以上とすること」 を目標として掲げ、重点施策として推進しています。
 事業場がストレスチェックの実施で労働者のストレスの気づきを推進することのみならず、併せて事業場としてメンタルヘルス対策を行うことが必要です。 例えば労働者に対して自らがストレスに上手く対処できるように』セルフケア研修』の実施をする、また管理職に対しては、『ラインケア研修』を実施するなどし、職場全体で労働者の心の健康管理体制を整えていくことが求められていくでしょう。 メンタルヘルス教育(セルフケア研修・ラインケア研修)などの実施については、労働者健康福祉機構 愛知産業保健総合支援センターでメンタルヘルス 対策促進員として年間数十社に及ぶ支援実績がある松下まで、お気軽にご依頼ください。 事業場の実態に合わせた研修を実施させていただきます。

(いままで、100事業場以上の研修実績あり)
http://m-sr-office.com/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E6%83%85
%E5%A0%B1/%E3%82%BB%E3%8
3%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%BB%E7%A0
%94%E4%BF%AE%E3%81%8A%E7%94%B3%E8%BE%BC
%E3%81%BF